精力剤レビトラの副作用と注意点

レビトラの副作用

レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。これらの症状は、お薬の成分が体に行渡り、効き目があられ始めている証拠だとお考えください。その他には、「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「光に過敏になる」などの症状が見られることがあります。これらの症状は通常4~6時間ほど待てばおさまりますが、万が一症状が改善されない場合は医師にご相談くださいませ。

上記は副作用について説明しておりますが、本来レビトラには、命にかかわるような副作用を持つ成分は含まれておりません。ただし、入手経路が不明な個人輸入で入手したお薬には、危険な成分が含まれている場合がございます。ですので、ご自身の安全を確保する上でも、正式な医療機関で医師の診断を受け、お買いお求めください。

併用禁忌薬を服用している方や、心臓に持病をお持ちの方は、レビトラを服用すると重大な副作用を招く恐れがありますので、処方できない場合がございます。必ずご自身が服用しているお薬の名称や持病・病歴を医師にお伝えくださりますようお願い申し上げます。

レビトラの注意点

レビトラは空腹時に服用してください。

満腹の状態でレビトラを服用すると、お薬が効きにくくなり、十分な効果を発揮できません。また、食べ物が消化出来ていない状態で服用すると、お薬の効果を十分に得られない場合がございます。食後に服用する場合は、食後から2時間ほどの間隔を空けてください。レビトラには、興奮や性的欲求を高める効果はございません。

あくまでも勃起を促すための補助の役割を持つお薬だとお考えください。硝酸剤、HIV治療薬、抗不整脈薬、抗真菌薬は、レビトラとの併用ができないお薬となっています。もしこれらの併用禁忌薬品を服用している場合は、重大な副作用を招く恐れがありますので、レビトラを絶対に服用しないでください。信頼のある医療機関で医師の診断を受けてからお買い求めください。

インターネット等を利用して購入することも可能ですが、中には偽物や劣悪なコピー薬品を入手してしまう恐れがあります。厚生労働省のサイトでは、レビトラのコピー商品に関する情報が掲載されております。