精力剤の歴史について

精力剤とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称です。大きく分けて医薬品に類されるものと、それ以外の食品(サプリメント、健康食品や清涼飲料水など)があります。

女性を対象としたものもあるが、ここでは特別な場合を除き、とりわけ更年期以降の男性を対象とした精力剤について言及するものとします。

精力剤として、ニンニクが使われていたという資料が見つかっています。当時というのは、上流階級の人しか、精力剤を使うことができなかったようです。

ですから、一般市民が精力剤を使うということはまずなかったでしょう。また、今は精力剤というのは精力を向上させるために使われていますが、当時は自分の子孫を残すために精力を強めるようにしていたとされています。

精力剤の最古の例として、古代エジプト時代に使用されていた精力剤があると挙げられています。古代エジプト時代の精力剤には主ににんにくが用いられており、王族などの階級の高い人物が愛用するものとされていました。また古代エジプト時代は、現代の精力剤と使用目的が違い、子孫繁栄を目的とした意味で使用されていたそうです。

そのため快楽目的での使用はされなかったそうです。またピラミッドの壁画には精力剤を表すにんにくが描かれているものもあるとされています。この事からもわかる通り、実に3000年以上前から精力に対してにんにくは効果が良いものとされているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です